· 

墓じまいを地元の石材店に頼んだ方がいい理由

「墓じまい業者」で調べると、実は石材店以外の業者も多く存在します。
墓石を解体することだけで選ぶなら、石材店でなくても、解体業者を選んでも良いわけですが、今回は「地元の石材店に頼んだ方が良い理由」を説明していきたいと思います。

寺院への配慮が必要

以前のケースですが、隣県にあるお墓の墓じまいの見積もりの概算を知りたいというお問い合わせがありました。

隣県なので墓地の確認が簡単にできないため、ご相談者(東京在中)は墓の写真を送ってくださいました。

隣県といえどもそれほど遠くないこと、ご相談者もお墓がある土地にどんな石材店があるのか分からないということでしたので、一度は私どもでお請けできるとお答えしました。

 

ただ、墓がある地元のお寺の檀家であること、そしてこの時点では、墓じまい後のお骨の受け入れ先が不明(ご相談者のなかではあらかた決まっていたのかもしれません)だったことが気にかかり、墓じまい後はその地元のお寺で永代供養される可能性もありました。

その場合、その地元のお寺に何の縁故もない富山の石材店に頼むよりも、そのお寺さんとお付き合いがある地元の石材店に頼んだ方が、ご相談者が遠方に依頼こともあり、手続きがよりスムーズになる可能性が高いと考えました。

 

また、隣県となると、どうしても見積もり金額は、地元の場合と比較すると割高になる可能性があります。

これらを踏まえると、うちに依頼されるよりも、私どもでそちらの石材店さんを探してあげる方がご相談者のためになると思いました。

 

運良く、墓地がある隣町に墓じまいをする石材店さんがあったので、ご連絡したところ、ご相談者の菩提寺のお寺さんとも懇意にしているということでした。

 

そして、その旨をご相談者にお伝えし、無事にそちらの石材店さんに引き継いでいただくことができました。

石材店指定の墓地は注意が必要

墓じまいは、建立してもらった石材店に頼むのが一番安心なのですが、その石材店がなくなってしまっていても、地元の石材店であれば問題はないでしょう。

 

ただし、墓地によっては指定業者が決まっている場合があります。気をつけたいのは、寺院内墓地や民間霊園です。

指定業者と提携している墓地では、他の石材店が出入りできず、見積もりすらも取れない可能性があります。

 

ご依頼になる際には、そちらの確認が今一度必要になりますが、遠方にお住まいであれば確認方法がわからないかもしれません。

その際は、墓地の名称をしっかりと教えていただければ、指定業者が決まっているかどうかも、こちらで調べることができるので、墓じまいの依頼やご相談はできるだけ詳細を教えていただけると助かります。

 

それが、私たち、そしてご相談にとっても、墓じまいをスムーズに運ぶ第一歩となるのではないかと思います。