· 

墓じまいの費用が高くなるのはなぜ?<墓石の構造編>

富山のお墓と他地域のお墓の構造の違い

お墓じまいを考えるときに、いくらくらいかかるのか目安を知りたい場合、まずはインターネットで検索される方が多いのではないかと思います。

インターネットでは多くの情報に触れることができる半面、それを読み解く情報リテラシーがないと、情報に踊らされてしまうことが少なくありません。

 

そのため、こちらのブログでは富山県でお墓じまいをしたいとお考えの方のために、身につけておいていただきたい「お墓の基礎知識」について説明していきたいと思います。

 

立地で費用が変わること以外にも、お墓の構造で費用が高くなることがあります。

富山のお墓は全国的にも大きなお墓が多く、墓地も比較的広い地域のため、小さなお墓の地域に比べると、とうぜん墓じまい費用も割高になります。

 

また古いお墓の納骨堂は、石を積んでいるだけの構造になっていることが多く、その場合は解体費用もそれほど高くなりませんが、一枚の石をくり抜いて作ってある一体型の納骨堂になっているお墓だと解体費用は高くなってしまいます。

 

これはお墓を新しく建てるときも同じことですが、使われている石の量が多く、構造的にもしっかり作ってあればあるほど、解体の費用もそれに比例して上がることになるのです。

同じ墓地でも解体費用が高いお墓とそうでないお墓が混在している

そのため、立地面やお墓の大きさ、建った年代が同じでも、それぞれの金額が同じにならないケースはとうぜんあります。

墓地によってはまったく同じ構造のお墓がずらりと建っているところもありますが、それぞれの構造が違うことで費用にも違いが出てしまう可能性があります。