· 

【富山の墓じまい】「遠方に住んでいますが、現地に行かずに墓じまいできますか?」

文・メモリアルアドバイザー 砂田嘉寿子

▶移動距離と年齢的なことを考慮すると、墓地に行くのがむずかしい

「墓じまい」のご相談で一番多いのが、県外に住んでいらっしゃる方からのものになります。

そしてご相談者の年齢は、必ずというわけではありませんが、どちらかというと高齢の方からの場合が多いです。

ご相談の段階では、県外からだけでなく、海外に住んでいる富山出身の方もいらっしゃるので、全国各地からお問い合わせがありますが、遠方にお住まいの方の場合は、富山におもむくことがむずかしいケースがあります。
新幹線で来れるならまだしも、飛行機じゃないと来れないという方の場合は、墓じまいするにあたって「そこに行けないのですが、できますか?」とご相談いただくことがあります。

▶墓地におもむかなくても墓じまいはできる?

たとえ富山に来ることができなくても、墓じまいすることは可能です。

今までは100%の確率で、ご依頼者さまはすべてご来県されていますが、手続き上こちらに来る必要がありました。
改葬の手続きがすべて郵送ででき、さらにお骨をご依頼者さまに送骨する(ゆうパックでご指定の住所に送る)ということでご了承いただければ、あとはメールや電話、またはFAXのやりとりだけでも墓じまいは可能です。
また墓石を解体する前に、閉眼供養や遷仏法要が必要になりますが、ほとんどの場合はお付き合いのあったお寺さんと疎遠になっていることが多く、連絡がつかなかったり、ご住職が代替わりしているようです。
ご先祖を供養していただいたお寺さんに法要を営んでもらえると一番良いのですが、ご家族さまがこちらに来れないのであれば、私どもでお付き合いのあるお寺さんに法要をおこなってもらいます。

▶改葬先(お骨の移動先)によっては富山に来ないといけない

ただし、すべての方が一度も富山に来ることなく墓じまいできるかというと、そうとも言えません。
お骨を新たに納骨する場所が、たとえば富山県内の納骨堂や永代供養墓などになる場合は、そこでの手続きが必要になることがあります。

ケースバイケースではありますが、「富山に来ることがむずかしい」という場合は、その旨をお伝えくださいませ。

こちらのブログも参考に!↓↓

お墓の改葬。お骨の持ち運びはどうする?