· 

市営霊園から市営納骨堂への改葬と墓じまい

メモリアルアドバイザー 砂田嘉寿子

千葉市にお住まいのMさまより、お墓じまいについてのアンケートにお答えいただきました。

 

Mさまは中学生時代に富山からお引越しをされ、ご兄弟もいらっしゃらないため、お一人で富山の墓守をされていました。

富山に縁があるのはMさまだけになり、他のご家族は富山に不案内のため、また現在は千葉にお墓をご用意してないこともあり、最初は手探りの状態で情報収集をされていたとのことです。

お墓がある墓地も富山市の市営霊園・富山市営北代墓地で、同じ市営の納骨堂への改葬となりました。

▶富山市営納骨堂での改葬の手続き

富山市営の納骨堂への改葬を申請する場合は、郵送や電話での受け付けができないために、富山市役所へ直接来所する必要があります。

そのために、仕事の合間をぬって一度富山へいらっしゃったMさまですが、そのときに想い出話やいろんなお話をさせていただきました。

▶お墓参りの思い出とこれからについて

「子どものころは、墓参りに行くことを「八ヶ山(はっかさん)」行くぞと言って連れてかれたものですよ。だから墓参りは、八ヶ山に遊びに行けるんだって思っていましたね」

 

お墓が建っていた富山市営北代墓地がある周辺は、旧八ケ山公園があったところで自然豊かな場所でした。

 

年に一度のお墓参りだけでなく、地元で開かれる同窓会に参加するために、たびたび富山にいらしていたMさま。

「これからは、ここ(富山市納骨堂)へ手を合わせにきます」

 

富山市納骨堂も北代墓地からそれほど離れていない場所にあるので、Mさまの子供時代の八ヶ山の思い出は、これからも消えることはないようです。