· 

墓じまい後の「返還届」忘れていませんか?

メモリアルアドバイザー 砂田嘉寿子

▶霊園によって異なる墓じまい(改葬)の手続き

お墓のお骨を改葬(移動)し、そのお墓を解体して墓地を更地にすることをいわゆる「墓じまい」というわけですが、その場合に必要な手続きをまとめて改葬の手続きといいます。

墓地でもその形態が異なるため、必要な手続きは必ずしも同じというわけではありませんが、村墓地のような管理者があいまいな共同墓地でなく、しっかりと管理者がいる墓地や霊園では基本的に改葬申請書を提出する必要があります。

ここで気をつけたいのは、改葬申請書を出しても墓地の返還届を提出しないと墓地は返還されたことになってない可能性があります。

 

改葬は埋葬されているお骨を移動することでもあるので、「改葬=お墓がなくなる」ことを意味しているとは限りません。

そのためお骨の移動にともない、そこに建っていたお墓もしまう場合は、さらに墓地の返還届の提出が必要になります。

▶返還届をだしていないとどうなる?

墓地の返還届を出していない場合、そこの区画を使用していなくても使用者として書類上に残っていることになります。

もし仮に、お墓じまいをしたのに墓地の返還届の申請を忘れてしまった場合、墓地の管理費が全納になっていない、もしくは毎年納める年払いになっている場合は、墓地管理費の納付を催促される可能性があります。

 

すでに永代使用料として納めてあり、管理費が発生しない場合はそういった金銭面の心配は発生しませんが、墓地管理者としては、空いた区画をまた次にお墓を建てたい人に使用してもらいたいので、墓地は空いているのに使用者がいることになっているのは、管理者側、そして墓地を求めている人にとっては不都合です。

▶まとめ

ほとんどの場合は改葬の申請の時点で、墓じまいをするという話が出るので、管理者も同時に返還届の申請の必要を話すことになりますが、まれにそういった流れにならずに返還届を出していないことが判明することもあります。

お墓じまいの場合の手続きとしては、改葬の申請と墓地返還届はセットのようなものだということを念頭においておけば間違いないでしょう。